探偵の行う仕事とは

探偵の仕事内容とは…

探偵の仕事というと、よく浮気調査などを連想される方が多いと思います。実際に浮気調査の案件は多く看板や広告などに記載している所も多いのですが、探偵はそれ以外にも様々な案件にも対応しています。

例えば、人探しというのも探偵の仕事として依頼されるものの一つです。
その内容は、家出人調査や懐かしい人に会いたいといったものから、損害を発生させたまま雲隠れしている人を探したいなど様々です。
この他にも、素行調査や人間関係の調査といったものもあります。

結婚相手の素性を詳しく知りたいという親族の方からの依頼や、取引先の信用調査に関するものや、次の人事で昇進させる事を考えているのだけれど女性関係やギャンブル歴などの有無を確認しておきたいという依頼もあります。

またこの他にも、顧客としてサービスを利用して問題点を見つけ出す覆面調査などの依頼なども受けていたりします。
こういった様々な依頼にも対応しているのですが、各探偵社によって得意分野がありますので、依頼する際にはこれまでの実績などを考慮して探偵社を選ぶとよいでしょう。

なぜ?どうして?探偵に浮気調査を依頼するべき理由

自分の配偶者(夫・妻)が飲み会や残業などで仕事から帰ってくるのが遅くなった、休日出勤が増えた、携帯を肌身離さず持ち歩くなど、今までとは行動が違うなと感じた時、「浮気」の二文字が思い浮かぶかと思いますが、そう思った時、自分でも浮気の証拠を見つけて行動するかと思います。

携帯電話や自宅の車・財布の中から浮気の証拠を見つけたら、それを突きつけて浮気を問い詰めればいいのでは?と考えてしまいますが、浮気した側の中にはそう簡単に浮気の証拠を認めない場合もあります。しかも、問い詰めた後浮気の証拠を掴もうとしても、警戒されてしまいなかなか証拠を掴むのが難しくなりますので、一番やってはいけない事なのです。

もし自分が見つけた浮気の証拠を根拠にして、弁護士事務所へ駆け込み、浮気相手への慰謝料請求や、協議離婚の手続きや親権問題の相談をしたとしても、弁護士にこれでは離婚できませんし、慰謝料請求も無理ですと言われてしまう可能性があります。

浮気相手とのメールのやり取りや、デートで使ったと思われる領収書では、浮気をしている根拠としては乏しく、確実に浮気をしているという証拠(浮気の決定的な現場写真や音声データ)などが必要となるから、探偵の力を借りて浮気の証拠を押さえておく必要があるのです。